おおば帯。京都、西陣織。着物、きもの、和装なら大庭におまかせください。

京都西陣織おおばの帯
  • 手織錦・手織佐賀錦 (Teorinishiki/Teorisaganishiki)

    帯のプレミア

    現在、手織の職人は減少の一途をたどり、西陣で生産される帯の数%ほどの数量しか生産されていません。しかし、その独特の風合いや質感は手織でしか出すことができません。一度味わっていただければ、他の帯では代えることができない帯…それが手織の帯です。その稀少な製品をおおばは今でも守っています。まさにプレミアと呼ぶに相応しい逸品です。

  • 京都西陣織おおばの手織佐賀錦
  • 萬綾錦(Manryonishiki)

    不朽の名作

    長年に渡る織物製造の中で一万を超えるデザインを世に送り出してきました。勿論、生産が殆どされていない製品もありますが、時代を超える数多くの名作が存在します。その中でも選りすぐりの品を復刻させたのが、この萬綾錦です。素材、技法全てにおいて、当時の手法を用いて製織しております。皇室をはじめ、数々の著名人にも愛された萬綾錦です。

  • 京都西陣織おおばの萬綾錦
  • 唐織錦(Karaorinishiki)

    立体感溢れる

    能装束を製織する技法の一つである唐織という技術で織っています。能装束は能役者が舞台で演じたり舞を披露したりする際の衣装なので、煌びやかで舞台映えするだけでなく、軽くて動きやすい機能が求められます。経糸、緯糸ともに生糸を使い軽量化を図り、模様糸にダルマ糸と呼ばれる極太の絹糸を使用し、文様が浮き出ているような印象を与えます。

  • 京都西陣織おおばの唐織錦
  • つづら錦(Tsuzuranishiki)

    壁糸使いの帯

    大庭圭价が考案した大ヒット帯・つづら錦です。文様は古今東西の文様をアレンジし独自に消化した図案を用い、配色ともに個性あるデザインですので、年齢問わず装うことができます。この帯の特徴に、柄糸に壁糸を使用しております。壁糸は、使用するたびの糸直しや長期使用による毛羽たちなどとは全く無縁なのでアフターケアいらずでお使いいただけます。

  • 京都西陣織おおばのつづら錦
  • いまおり・西洛齋(Imaori/Seirakusai)

    自由な感覚

    何にもとらわれない帯づくりを実現するために新しく織屋を設立しましたので、「いまおり」「西洛齋」では、紬糸や野蚕糸を使用したり、切嵌(きりばめ)というパッチワークの技法を取り入れたり、今までの帯づくりになかった発想を使用しております。広く親しんでいただきたい思いから、価格も抑えた品に仕上げています。

  • 京都西陣織おおばのいまおり、西洛齋
  • 縫 箔(Nuihaku)

    光輝く絹糸

    縦横の制約が存在する織物の製作は、その制約ゆえに意外な創作が生まれたりすることもあり楽しいものですが、長く続けていると、やはりそういったルールから飛び出して創作したいという意欲も涌いてきます。その点、手刺繍という技法は自由にデザインを捉えることができるので、織物にはない表現が可能になりました。更に絹糸の原初体に近い片撚り糸と呼ばれる絹糸を使用することにより、美しい光沢を実現しています。

  • 京都西陣織おおばの縫箔
  • 九寸なごや帯(Kyusun-Nagoyaobi)

    きもの好きの一本

    今まで袋帯一辺倒で創作してきましたが、以前から要望の多かった九寸なごや帯を創作いたしました。素材、技法は今までのレベルから落とさずに、帯地を少し柔らかい手触りに作り替え、デザインも従来のラインから少し離れて、大島など各種紬から御召などの織物などにもコーディネートできるような九寸なごやに仕上げました。

  • 京都西陣織おおばの九寸なごや帯